タウンスケープ:建築ではなく景観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Cotswolds

日本では1軒1軒の建築に興味がある人はいるし、建築家もいい設計をするために日々研鑽重ねていますが、複数の建築群や自然環境で構成される街並みといったものに目を向ける人が多くないようです。「ランドスケープ」というと「風景」ですが、これに人工的な建築物などを加えたものが「タウンスケープ」という概念で、すべての人々が日々目にする景色を好ましいものにするためにおざなりにするべきではない公的な資産といえます。

建築家とタウンスケープ

イギリスで都市計画の勉強をしていた時、ストックホルム大学の建築課程でヨーロッパ中の交換留学生と一緒にアーバンデザインの実習コースに参加したことがあります。イギリスの大学には建築科とは別に独立した都市計画科がありますが、ヨーロッパのほかの国では建築科の中の特別な科目、または建築課程を終えたものが学習する修士課程として都市計画やアーバンデザインがあるという形になっています。

そのため、このコースに集まったのもイギリス以外はみんな大学の建築科からの学生で総勢20人くらい。学生は地元のスウェーデンをはじめ、フィンランド、スペイン、オランダ、ドイツ、フランス、オーストラリアなど多国籍でしたが、担当の先生は少なくとも4か国語は話せるという人でした。授業は基本的に英語で行われましたが、英語が苦手な生徒もいて、先生が個別に多言語で対応していました。

コースは「Landscape and Urban Design」というもので、既存の環境にそぐうアーバンデザインを考えるというのがテーマです。その実習としてストックホルム郊外の実際の1区域が指定され、そこに学生みんなで新しい街を作るというものでした。すでにある自然、人工環境をリサーチし、そこに新たに建築物などを設計していくのです。

まず、全員でケーススタディエリアを回りおおまかなバックグラウンドを頭に入れたうえで、スケッチ段階で出てきたそれぞれの作品を発表しました。

この段階では簡単に自分がどんな建築物を設計したいか、予定する建築物についての概略、その目的や理由をスケッチ、簡単な設計図、写真をコラージュしたイメージなどを添えて説明します。

多くの学生が設計を予定する建物は教会とか車の展示場とか、比較的自由なデザインができるものばかり。そして、それぞれがケーススタディ内でピックアップした場所に自分の建築物がいかに美しく映えるかということを考えて発表していました。

けれども、それぞれが持ち寄った案を一つの地図にのせてみるとちぐはぐになります。だいいち教会や車の展示場などは一つしか(または一つも)必要ないでしょう。普通の住宅や店舗などを設計した人はほとんどいません。また、周りの環境や隣に何があるかなどを考えずに設計しているわけです。

学生なので、ある程度自由度をもたせた設計をして創造性を育てるということは重要ですが、現実的にはこのような恵まれた環境で設計をすることはあまりないでしょう。また、このコースのテーマである既存のランドスケープに合ったアーバンデザインをという趣旨からもはずれてしまうし、このままでは一つの「街」ができそうにもありません。

私は建築ではなく都市計画を学んでいたので、もう1人やはりイギリスの都市計画課出身の学生と共に調整役に回りました。まず、すべての学生と話し合いその街のおよそのマスタープランを立てます。まず、どのような街を作るのか大まかな取り決めをした上で、どういうインフラストラクチャーや建築物、サービスが必要となるのかを割り出します。そして、今ある道路網に加えてどのように道路や歩道を加えていくのか、この街に必要な建物を誰がどこに設計するかの担当を決めます。

このあと、それぞれの「建築」学生と話をして個々が設計する建物がいかに周りと調和するかを「都市計画」の学生である2人が調整するようにしました。それぞれの建築物の設計に個々のオリジナリティーと創造性を発揮させながらも全体としての景観が調和するように努めました。

でも、これにはとても苦労したのです。みんな自分の設計する建築物はこうでなければならないといった理想があり、周りと合わせるために妥協するということをよしとしません。各自がそれぞれ設計図に自分の理想を描いたものをそのままマスタープランに移せばいいと考えている人がほとんどでした。そういう建築物を20点集めると、機能的にも景観的にもちぐはぐになります。建築物の向きやアクセス、全体の構造(高さや大きさ)、建築材料の種類や色などをそれぞれの学生と話し合って調整しようとするのですが、「そんなことをすると私の理想の作品が台無しになる。」と拒否する学生も少なくくありません。

それでも、担当の先生の協力を得て何とか調整して出来上がったマスタープランは若い学生の創造性を発揮したユニークな出来上がりでした。

日本の建築家

ストックホルムでの経験のあと建築家というものは自分の建築のことばかりを考えるものであるという認識を持ちました。けれども実際にイギリスで都市計画の仕事をしてみると、イギリスの建築家は周りの景観の中の一環として自分の建築物を設計するということがわかりました。イギリスでは都市計画許可申請の段階で許可を申請する開発が既存の環境にどのように影響するかについて説明し、その正当性を認めてもらわないと開発許可がもらえないので、景観を考えることが必要不可欠となっているのでしょう。

けれども、日本で建築家と話をすると自分がデザインする建築のことばかり考え、それがいかに美しく機能的であるかということばかりに気を留める人が多いようです。建築家だけでなく住宅会社の広告などを見ても一軒一軒の住宅についての説明や外観の描写はありますが、それが周りの景観の一部としてどのように機能しているのかがわかりません。

日本の建築家の本を読んでいて「日本には守るに値する街並みがないので、私は自分の建築を美しく設計することによって、街並みに貢献していると思っている。」という趣旨のことを言っているのを読んだことがあります。

この建築家などは「街並み」ということを一応考えていることだというわけですが、そもそもそれを考えていない建築家や住宅開発者も日本には多い印象を持ちます。

タウンスケープは公的財産

イギリスでは、ひとつひとつの建築物は私有財産ではあるものの、外から見える外観は公的なものであるという認識が一般国民にも浸透していますが、日本ではあまり認識されていないようです。

建築物の内部は個人の領域で好きなようにしていいと思いますが、外部はそうではありません。不特定多数の目に触れるので公的な要素が強いものです。人が道路や歩道にゴミを捨てるのを不道徳とするように、一般人が見て不愉快な気持ちになるような建築物を一目にさらすのは不道徳ではないでしょうか。騒音公害というのがありますが、建築公害というのもあると思います。少なくとも私は街を歩くときに醜い建築を見ると不愉快になり、心落ち着く街並みがあると幸福感、安心感を感じます。

そして、これはひとつひとつの建築物のデザインだけでなく、それが構成要素となる一連の景観が問題となるのです。一つの建築物がいかに美しいものであってもそれが周りに合っていなければ台無しです。建築物によっては、ランドマークとなり得る性質のものもあり、そういう建築物は個性的でかつ周りから突出するような性格のデザインである時もありますが、そういうものはまれであり、多くの建築物は周りに溶け込む性質のものであるのが好ましいと思います。

景観を整えるためにできることといえば、電線を地下に埋めるとか、既存の建築物を建て直すとか、効果的ではあるけれど資金がかかることもあります。けれどもただ単に新築や改築工事の設計時に景観を考慮に入れて建築物をデザインすればいいだけのこともあります。建築物の全体的な構成(形や大きさ、高さ)建材の種類や色。家の向きや道路、周りの建築物との関係、窓やドアなど外観のデザインなどを個々の建築としてだけでなくタウンスケープの一部として考えればいいだけのことです。

個人の好みと公的な景観

芸術や建築のデザインといったものについては個人の好みといったものもあります。それぞれ何を美しいと感じるかについては異なる意見があるでしょう。けれども、人が一般的に「ここちよい」と感じる景観といったものは存在します。海や山といった大自然の景観を嫌いだと人はあまりいないでしょう。

また、歴史的に保存されているような統一された街並みについては、それが日本の白川郷といったものであれ、外国のもの、たとえばイギリスのコッツウォルズのものであっても好ましいと思う人がほとんどだと思います。

ではどういう景観を目指すべきなのかについてですが、その地域にあったものというのが基本であるべきで、いくらスペインの白壁の家が連なる街並みがきれいだからと言ってそれをそのまま日本に持ってくるべきではありません。それぞれの土地にはその風土にあった昔からの建築様式やデザイン、建材があり、それを基本として現代に合った機能や建材を使ってアレンジしていくのがいいでしょう。

日本のモデル住宅にあるような「スペイン風」とか「イギリス風」とか違う地域のデザインを真似てそれ風にアレンジしたものを日本に古くからある街並みに当てはめて、ちぐはぐになってしまっている例をよく見かけます。

イギリスでは景観に対する専門家や一般の意識が高いので、「外国風」の建築物を尊ぶ風潮はありません。けれども、イギリス全土で活動する大手住宅建築会社の「英国風」ともいうべき均一化されたデザインをイギリス中どこでも使う傾向にあるのが問題にもなっています。すでにある建築デザインの設計図をイギリス中どこの敷地にでも当てはめて使いまわすことは低コストにつながりますが、反面金太郎あめのように同じような景観がイギリスのあちこちに現れるといったことになり、問題とされているのです。

かつて、ウィリアム・モリスが言ったように「建築というものはその風土から生まれるものである」はずで、風土が異なればその建築様式も違うのが普通でした。建築に適する石材が採れるところでは石造りの家が建てられ、そうでないところではレンガを使う。石にしても堅い砂岩を使うヨークシャーではシンプルで堅牢なデザインの家が多いが、やわらかい石灰石を使うコッツウォルズでは、彫刻を施した手の込んだデザインの建築物ができるといったふうに。

今では、建材も部品も工業化されてイギリス中から、また輸入されて外国からも入ってくるので、どこにいても同じような建物を造ることは難しくありません。けれども、グローバルになっていく世の中だからこそ、その地方独特の景観にはこだわっていきたいものです。

コッツウォルズに観光?

日本人は海外旅行好きですが、これまでイギリスというとロンドンなどの観光地に行く人がほとんどでした。けれども昨今はイギリスの田舎ブームだそうで、訪問先として特に観光名所などはないコッツウォルズなどが人気だといいます。

いわゆる観光地ではなく、普通の人が住んでいる普通の街並みに観光バスで押しかけて写真を撮りまくって「かわいい。」とか騒いでいる日本人(近頃は中国人も)がいるのです。

そういう人たちはカメラに収めたくなるような景観がイギリスのコッツウォルズやスペインのアンダルシアにしかないと思っているのでしょうか。自分が住む日本の街にはそうした景観がないと思っているのでしょうか。ないとしたら、同じように美しい街並みを造ろうとか保存しようとか、もっと整えようとか考えないのでしょうか。

この人たちがきれいだと思っているイギリスの景観はイギリスの法律、国や地方自治体の規制や取り組み、住民や関係者の努力と時には不便や煩雑さにも耐える精神で育まれてきたものです。

日本でも同じように法律や規制、公的な取り組み、個人の努力によって日本らしい、その街らしい景観を整えることは可能であるはずです。それには、個人の好みや権利をある程度制限してみんなのために譲り合い話し合って理想とする景観のイメージを共有することが必要です。幸い日本には昔からコミュニティー内で協力し合って生活してきた歴史があります。景観に対する意識が広まり、話し合いの結果共通の理想を元にした制度が整えられれば、日本でも美しい景観を維持していくことが可能になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料ebook『地方創生:イギリスに見る地域活性化最新事例』

自治体担当者、コンサルタント、まちづくりに携わる地元民のための、海外の地方活性化事例から学ぶ、日本の地方創生に活かせるヒント満載

《資料の一部を紹介》

  • それぞれの地方にある特色に着目し活かしていく考え
  • その街ならではの資源を活用し課題解決を考える
  • 地元に密着し、その地でパートナーシップを育てる
  • 地方に眠っていた人や資源を掘り起こし地元コミュニティーやNPOを育て、支援する
  • 地元の有力企業や新規のベンチャー企業を起こすサポートや、他所からの誘致
  • 補助金頼みの公共事業だけでなく、継続できる長期的な仕組みづくり

 

《ebookをダウンロードする》

SNSでもご購読できます。

メルマガ登録フォーム

* indicates required




コメントを残す

*

CAPTCHA